ダイエット

食べる順番を変えるとダイエット効果はあるの?【血糖値を上げないコツ】

食べる順番を変えるとダイエット効果はあるのか【血糖値を上げない】

 

悩む男性
食べる順番を変えるとダイエット効果はあるの?

 

こんな悩みを解決します。

 

本記事の内容

  • 食べる順番を変えるとダイエットに効果がある
  • 血糖値を上げないようにするコツ
  • 血糖値をコントロールする食材

 

✔筆者紹介

2年で78キロ→58キロの減量に成功。減量後2年経つが体重をリバウンドなし。

 

この記事を読めばダイエットに効果的な食べ方を知り、ダイエット成功に近づくことができます。

 

よくベジファーストとか言いますが、実はダイエットに効果的な食べ方だったんです!

なんとなく体によさそうな気はしますが、ダイエットに効果的だったとは。

 

今回はダイエットに効果的な食べ方をご紹介していきます。

 

今すぐできる方法も紹介しますので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

 

食べる順番を変えるとダイエットに効果がある

 

食べる順番を変えるとダイエットに効果があるんです。

ではなぜ食べる順番を変えるだけでダイエット効果があるのでしょうか?

 

まずは太る原因を考えましょう。

 

太る原因は血糖値が影響している

太る原因は血糖値が影響しています。

 

専門家ではありませんので簡単に説明しますね。

 

食べたものが消化・吸収される際に血糖値が上昇します。

血糖値が急上昇すると膵臓からインスリンというホルモンが大量に分泌されて、血糖値を下げようとするんです。

通常であれば糖質(ブドウ糖)はグリコーゲンに変わり、肝臓や筋肉の細胞に取り込まれます。

 

しかし、細胞内に取り込まれるグリコーゲンには限界があります。

 

糖質の摂りすぎはもちろんですが、血糖値の急上昇によりインスリンが大量に分泌されます。

余った糖質(ブドウ糖)は中性脂肪に変わり、脂肪細胞へ取り込まれてしまうんです。

 

これが太る原因ですね。

 

太らないためにはインスリンの大量分泌を抑える、要は血糖値を急激に上げないようにすればいいわけです。

 

ではどうすれば血糖値を急激に上げないようにできるのでしょうか。

 

食べる順番で血糖値の急上昇は抑えられる

食べる順番で血糖値の急上昇は抑えることができます。

 

また食べる順番だけでなく、食べる物などでも変わってきます。

詳しくはこのあと説明しますね。

 

血糖値の急上昇を抑える方法をしっかり身に着けてダイエット成功を目指しましょう!

 

血糖値を上げないようにする3つのコツ

血糖値を上げない3つのコツ

 

血糖値を上げないようにする3つのコツをご紹介します。

 

✔血糖値を上げないようにする3つのコツ

  1. 食物繊維を先に食べる
  2. GI値の低い食品を選ぶ
  3. 食後に軽い運動をする

 

すぐに実践できることなのでぜひお試しください。

 

➀食物繊維を先に食べる

➀食物繊維を先に食べるです

 

よくベジファーストって言いますよね?

野菜から食べろってことなんですが、要は食物繊維から食べようということです。

 

食物繊維を先に食べると、血糖値の上昇が緩やかになります。

なぜかというと、食物繊維には胃にカベを作ってそのあとに食べる物の血糖値上昇を抑える効果があるからです。

 

食物繊維が多く含まれていればいいので野菜でなくても構いません。

 

✔食物繊維を多く含む食材

  • 野菜
  • 大豆
  • 海藻類
  • キノコ類

 

これらの食材を先に食べるだけで血糖値の上昇が緩やかになります。

 

 

よく噛んでゆっくり食べるようにしよう!

 

➁GI値の低い食品を選ぶ

ポイント➁はGI値の低い食品を選ぶです。

 

GI値とは血糖値が上がりにくい食品のことです。

GI値の低い食品を選ぶだけで血糖値の急上昇を抑えることができます。

 

例えば白米ではなく玄米にする。

食パンではなく全粒粉パンにする。

 

これだけで血糖値に急上昇を抑えることができます。

 

GI値が低い食品は腹持ちが良く、脂肪がつきにくいです

なのでGI値が低い食品を選ぶようにしましょう!

 

GI値の低い食材を選べば炭水化物も食べてもOK!

➂食後に軽い運動をする

 

ポイント➂は食後に軽い運動をしましょう。

食後すぐに軽い運動をすることで血糖値の上昇を抑えることができます。

 

ウォーキング程度の軽い運動でも効果があります。

15~20分程度で構いません。

 

例えばランチに行った後、少し遠回りをして帰る。

これを意識するだけで血糖値の上昇を抑えることができます。

 

毎食ごとにやるのは大変なので、お昼に運動することから始めてみましょう。

 

ランチの後は散歩をして帰ろう!

 

血糖値の上昇を緩やかにしてくれる食材

血糖値の上昇を緩やかにする3つの食材

 

血糖値の上昇を緩やかにしてくれる食材を3つ紹介します。

 

✔血糖値の上昇を緩やかにしてくれる食材

  1. 牛乳
  2. お酢
  3. 納豆

 

 

これらの食材を意識的に摂るようにしましょう。

 

➀牛乳

牛乳を食前にコップ一杯(100~200ml)飲むと、血糖値の上昇を30~40%抑制すると言われています。

血糖値の上昇を抑えるには「食前」に飲みましょう!

 

ただ牛乳には脂質や糖質も含まれているので、制限中の方は低脂肪牛乳を飲むようにしましょう。

低脂肪牛乳の血糖値抑制効果10~20%程度です。

 

これでも十分な効果がありますよ。

 

牛乳は食前に飲もう!

➁お酢

お酢は食材に直接かけても良いですし、酢飯にしても良いです。

酢の物の小鉢をつけるのも良いでしょう。

 

お酢は血糖値の上昇だけではなく、血圧低下の効果もあります。

サラダや麺料理などお酢をかけて食べましょう。

お酢は積極的に摂ろう!

➂納豆

納豆だけでなくオクラやとろろ、メカブは血糖値の上昇を抑えてくれます。

 

ごはんやそば、うどんにトッピングしましょう。

おいしく血糖値をコントロールできますよ。

 

そばはGI値が低いので、さらにとろろをトッピングするといいですね!

 

ネバネバ食材は血糖値の上昇を抑える!

 

食べる順番を変えるとダイエット効果はあるの?【血糖値を上げないコツ】:まとめ

食べる順番を変えるとダイエット効果はある【血糖値の上昇を抑える】

 

それではまとめです。

 

食べる順番を変えるとダイエット効果はあるんです。

そもそも太る原因には血糖値の急上昇が影響しています。

 

食べる順番を変えるだけで血糖値の急上昇を抑えることができます。

 

✔血糖値を上げないようにする3つのコツ

  1. 食物繊維を先に食べる
  2. GI値の低い食品を選ぶ
  3. 食後に軽い運動をする

 

この3つのコツを意識するだけで簡単に血糖値の上昇を抑えることができます。

 

✔血糖値の上昇を緩やかにしてくれる食材

  1. 牛乳
  2. お酢
  3. 納豆

 

食材にも血糖値の上昇を抑えてくれる効果があります。

これらは積極的に取り入れたいですね!

 

 

今回は食べる順番を変えるだけでダイエットに効果があることを解説しました。

食べる順番や食べる物をを変えるだけですぐにできることばかりです。

 

もちろんカロリーの摂りすぎはダメですよ!

それでは早速実践してみましょう!

 

スポンサーリンク

-ダイエット
-,

© 2020 UeBlog