ダイエット

ダイエット中に食べるべきオススメ食品【5選】

2020年2月29日

この記事ではダイエット中に食べるべきオススメの食材をご紹介します。
どうせ食べるならより効果的なものを食べたいですよね。
ダイエット中の方はもちろん、筋トレをしている方にもオススメです。

実際ダイエット中に僕がよく食べていたものをご紹介します。

①卵

卵は「完全栄養食」とも言われるほど、栄養が豊富な食材です。
食物繊維とビタミンC以外の全ての栄養素を含んでいるのです。

卵のタンパク質量とカロリーは?

Lサイズ(約60g)の卵1個
・タンパク質:約7.4g
・カロリー:約91Kcal

卵を食べるメリットとは?

  • タンパク質が豊富
  • 食べ応えがある
  • 栄養が豊富
  • 安価

食べすぎには注意!

1日の目安として1個~2個程度がオススメです。
ゆで卵を作っておくとプラス1品としても、間食としても良いです。

②納豆

納豆のタンパク質量とカロリーは?

1パック
・タンパク質:約8.3g
・カロリー:約100Kcal

納豆を食べるメリットとは?

  • タンパク質が豊富
  • 糖の分解を促進してくれる(ビタミンB1)
  • 脂肪の分解を促進してくれる(ビタミンB2、イソフラボン)
  • 血栓の予防をし、代謝をUPさせてくれる(ナットウキナーゼ)

カロリーは意外と高め

1パック100Kcalと高めなので注意が必要です。1日1パックを目安にすると良いです。
タレやカラシに糖質が含まれているのでこちらもかけすぎには気をつけましょう。

③アボカド

アボカドのタンパク質量とカロリーは?

1個(約160g)
タンパク質:約2.8g
カロリー:約209Kcal

アボカドのメリットとは?

  • 腸の働きを活発にさせる(食物繊維)
  • 脂肪の吸収を抑える働きがある(不飽和脂肪酸)
  • 糖の分解を促進してくれる(ビタミンB1)
  • 脂肪の分解を促進してくれる(ビタミンB2)

脂質が多く高カロリー

1個あたりの脂質は約20.9g。いくら不飽和脂肪酸だからといって食べ過ぎはダメです。
1日1個を目安にしましょう。

④ブロッコリー

ブロッコリーのタンパク質量とカロリーは?

100gあたり
タンパク質:約4.3g
カロリー:約33Kcal

ブロッコリーのメリットとは

  • タンパク質が豊富
  • むくみ防止(カリウム、スルフォラファン)
  • 腸の働きを活発にさせる(食物繊維)
  • 脂肪の蓄積を抑える(クロム)


⑤ナッツ

ナッツのカロリーは?

5gあたり
・アーモンド:約29Kcal
・くるみ:約34Kcal
・カシューナッツ:約28Kcal
・マカダミアナッツ:約36Kcal

ナッツを食べるメリットとは?

  • 脂肪の分解を促進してくれる(ビタミンB2)
  • 腸の働きを活発にさせる(食物繊維)
  • 血行促進による代謝UP(n-3系不飽和脂肪酸)

無塩タイプを選びましょう

味付けのされていない「無塩」「素焼き」を選びましょう。
1日に25粒程度、バランスよく食べるのがオススメです。

まとめ

ダイエット中に食べるべきオススメ食品5つ紹介しました。
ぜひ積極的に摂るようにしてください。

ただし、偏った食生活をせずバランスよく食べる事をオススメします。

スポンサーリンク

-ダイエット

© 2020 UeBlog