お酒を飲んでも痩せることはできる

https://uekblog.com

ダイエット

お酒を飲みながら痩せるなら【3つのデメリット】を攻略しよう

2020年5月13日

 
悩む男性
ダイエット中にお酒を飲んでもやせることができるのかな?

 

こんな悩みを解決します。

結論:痩せることはできます!


お酒を飲んでも痩せることができるのは、太る原因はお酒だけではないからです。

ダイエット中にお酒を飲むデメリットは以下の通り。

ダイエット中にお酒を飲むデメリット

デメリット➀:お酒から糖質を摂取してしまう
デメリット➁:飲みすぎてしまう・食べすぎてしまうこと
デメリット➂:二日酔いで次の日にトレーニングできない


この3つのデメリットを攻略すれば、お酒を飲みながらでも痩せることができるということですね。

お酒好きな方は必見ですよ。
お酒を飲まない方はそっと閉じてください。

✔本記事の内容

  • ダイエット中にお酒を飲むデメリットを3つ解説
  • 糖質の少ないお酒とは?
  • 飲む量を抑える方法とオススメのおつまみ
  • 次の日のトレーニングを行う方法



✔本記事の信頼性

筆者はお酒好きで、お酒を飲みながらでも20キロの減量に成功した



それでは早速解説していきます。

 

お酒を飲みながら痩せるなら【3つのデメリット】を攻略しよう:ダイエット中にお酒を飲む3つのデメリットとは?

お酒を飲みながら痩せるなら【3つのデメリット】を攻略しよう:ダイエット中にお酒を飲む3つのデメリットとは?

お酒を飲みながらでも痩せることはできます。

冒頭でもお伝えしましたが、ダイエット中にお酒を飲むデメリットを振り返りましょう。

ダイエット中にお酒を飲むデメリット

デメリット➀:お酒から糖質を摂取してしまう
デメリット➁:飲みすぎてしまう・食べすぎてしまうこと
デメリット➂:二日酔いで次の日にトレーニングできない

この3つのデメリットを攻略すれば痩せることができるのです。


それではひとつずつ解説していきます。

デメリット➀お酒から糖質を摂取してしまう

デメリット➀お酒に含まれる糖質

デメリット➀はお酒から糖質を摂取してしまうことです。

お酒には糖質が多く含まれている場合があります。
糖質の過剰摂取は太る原因となります。

では、皆さんはどんなお酒を飲みますか?

居酒屋に行ったら「とりあえず生で」と注文しますよね。
そして生ビールで乾杯!最高ですね。

ビールには糖質がたくさん含まれています!

中ジョッキ(500ml)で約15gの糖質が…
3杯飲んだら約45gの糖質量になってしまいますよ!

糖質45gは、少なめのごはんくらいになります。

では糖質の多いお酒をご紹介します。

✔糖質の多く含まれるお酒

  • ビール
  • 日本酒
  • 梅酒
  • カクテル系
  • 甘めのサワー

 

甘いお酒は飲みやすいものが多いので、注意が必要です。

デメリット➁飲みすぎてしまう・食べすぎてしまうこと

デメリット➁飲みすぎ・食べ過ぎ

デメリット➁は飲みすぎてしまう、食べすぎてしまうことです。

当然カロリーオーバーすれば太る原因となります。


アルコールにもカロリーがありますのでお酒も太る原因となります。

またアルコールが入ると満腹中枢が麻痺して、おつまみを食べすぎてしまいます。

結果カロリーオーバーとなり、これが太る原因の一つです。

鶏のから揚げやフライドポテトをビールで流し込む!
そしてシメはもちろんラーメン!

完全にカロリーオーバーですね。

デメリット➂二日酔いで次の日トレーニングができない

デメリット➂二日酔いで次の日トレーニングができない

デメリット➂は二日酔いで次の日にトレーニングができなくなってしまうことです。

二日酔いだとは次の日の生産性が低くなり、トレーニングがしっかりできないからです。

華の金曜日に飲み会に行き、2次会、3次会まで参加。
そして終電で帰ってくるなんてことしてませんよね?

次の日にシャキッと6時起きできるのであればまだましです。

起きたらお昼近く、頭痛や吐き気がする。
二日酔いは完全にアウトです。

次の日にトレーニングができなくなるほど飲みすぎてはダメですよ。

お酒を飲みながら痩せるなら【3つのデメリット】を攻略しよう:攻略編

お酒を飲みながら痩せるなら【3つのデメリット】を攻略しよう:攻略編

ここでは先ほどお伝えしたデメリットを攻略していきましょう。

お酒を飲んでも痩せることはできる!攻略法➀:糖質の少ないお酒を飲め

お酒には糖質が含まれています。
しかしすべてのお酒に含まれていいるわけではないので、安心してください。

攻略法➀:糖質の少ない蒸留酒を飲もう!


糖質の少ない蒸留酒を飲めば太りにくくなるというわけです。

 

✔蒸留酒の例

  • 焼酎
  • ジン
  • ウォッカ
  • ウイスキーなど


蒸留酒はほぼ糖質がゼロ
なので炭酸水などで割って飲むのがオススメですよ。

逆に醸造酒は糖質が多く含まれているため太りやすくなります。
代表的なのはビールや日本酒ですね。

蒸留酒を飲めば糖質を抑えられるということになります。

ビールを飲むときには糖質オフのビールを飲もう!

お酒を飲んでも痩せることはできる!攻略法➁:飲む量を抑え、おつまみを変えろ

飲む量を抑える

飲む量を抑えるには自分をコントロールするしかありません(笑)

攻略法➁-1:飲む杯数を決めておくこと!


どのくらい飲んだら次の日に影響が出るか、しっかり把握して飲む量を抑えましょう。

おつまみを変えろ

アルコールを摂取すると満腹中枢が麻痺して食べすぎてしまいます。
これが太る原因になりますよね。

高タンパク・低カロリーなおつまみに変えてカロリーオーバーを防ぎましょう。

攻略法➁-2:高タンパク・低カロリーなおつまみに変えよう!

 

では具体的にどんなおつまみに変えればよいでしょうか?

✔高タンパク・低カロリーなおつまみ

  • 枝豆
  • お刺身
  • 焼き魚
  • 焼き鳥(塩)
  • 冷ややっこ
  • チーズ など

 

枝豆にはアルコールの分解を助けてくれる効果があります!
 枝豆は必須のおつまみですよ!


飲む量をコントロールし、おつまみを変えればお酒を飲んでも太りにくくなるというわけですね。


お酒を飲んでも痩せることはできる!攻略法➂:次の日のトレーニングを考えておけ

二日酔いで、次の日にトレーニングができなくなってしまうのは絶対ダメです。

明日は休みだから今日はとことん飲もう!とならないよう次の日のトレーニングを考えておきましょう。

攻略法➂:次の日のトレーニングを決めておくこと!



例えば、10時にジムへ行って1時間トレーニングをする!とか。
9時から30分ランニングをする!とか。

簡単で構わないので決めておきましょう。
ポイントは午前中にトレーニングをする予定を決めておくことです。

午前中にトレーニングをすれば、午後の時間も有効に使えますよね!


お酒を飲んでも痩せることはできる!【3つのデメリットを攻略】:まとめ

お酒を飲んでも痩せることはできる!【3つのデメリットを攻略】:まとめ

お酒を飲んでも痩せることはできるというテーマでお伝えしてきました。
それではまとめていきましょう。

✔ダイエット中にお酒を飲むデメリット

デメリット➀:お酒から糖質を摂取してしまう
デメリット➁:飲みすぎてしまう・食べすぎてしまうこと
デメリット➂:二日酔いで次の日にトレーニングできない


ということでしたよね。

この3つのデメリットを一つずつ攻略すればよいのです。

攻略法➀:糖質のない蒸留酒を飲めばOK
攻略法➁-1:飲む杯数を決めておくこと!
攻略法➁-2:高タンパク・低カロリーなおつまみに変えよう!
攻略法➂:次の日のトレーニングを決めておくこと!



適度なお酒はストレス解消になるので、上手に付き合ってダイエット成功させましょう!

 

スポンサーリンク

-ダイエット
-

© 2020 UeBlog